当院からのお知らせ

2016.4.19
日本脳炎ワクチン定期予防接種の開始について

平成28年4月1日から、北海道においても日本脳炎ワクチンが定期の予防接種となりました。日本脳炎は、主にコガタアカイエカという蚊によって運ばれるウイルスの感染によっておこる脳などの病気で、突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こし、後遺症を残すことや死に至ることもあります。道内にコガタアカイエカがほとんどいないこと、日本脳炎の発症者がいないことを理由に、北海道は全国で唯一、予防接種を行う必要がない区域として指定されてきました。しかし、住民が道外や海外に行き来する機会が増えていること等から、定期予防接種とすることが決定されました。当院では平成8年4月2日から平成19年4月1日に生まれた方を対象に予防接種を行います。副反応(副作用)をご理解のうえでの受診をお願い申し上げます。