当院からのお知らせ

2019.5.28
風しんの第5期の定期接種について

風しんは、妊娠している女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんに心臓の疾患や難聴、白内障、精神や身体の発達の遅れ等(先天性風しん症候群)が生じる可能性があります。

厚生労働省では、風しんの予防接種を受ける公的な機会がなかった方を対象に、風しんの抗体検査とワクチン接種を原則無料で受けていただける方針と打ち出しました。

当院でも、昭和 37 年4月2日から昭和 54 年4月1日生まれで、札幌市在住の男性を対象に、風しんの抗体検査を無料で提供します。風疹に対する抗体価が十分でない方については、MRワクチンを原則無料で実施します。お気軽にお問い合わせください。

風しんの第5期の定期接種における当院接種医は、山口浩司です。本事業は厚生労働省指導のもと、本年から令和4年3月末までの3年間を予定しています。